住宅ローンについての記事一覧

住宅ローンで住宅購入を考える際に、
まずどこの銀行がいいのか、住宅ローンの詳細も知りたいところですね。
金融機関を選ぶポイントをご紹介いたします。

住宅ローンを取り扱いしている金融機関は2種類あります。

1つは、民間の銀行ともう一つは、住宅支援機構のフラット35(旧住宅金融公庫)になります。 

 どちらを選べばいいのか?
 

 簡単に特徴や良い点、悪い点などをあげてみると。。。


  【民間銀行の特徴】

 ・返済時の金利が、変動金利や短期固定金利がある。 
 ・物件価格以外の諸費用も借りられる銀行もあります。(登記費用や、銀行保証料等) 
 ・団体信用保険料不要(万一のことがあった場合、残りの住宅ローンが無くなる保証…
住宅ローンの審査上、重要度が高いポイントに、返済負担率があります。

返済負担率とは、収入に占めるローン返済額の割合の事で、この水準で金融機関が審査可否を判断する重要な指標です。

金融機関によって、返済負担率は違いますが、フラット35では返済負担率を年収400万円未満では30%まで、

年収400万円以上では35%としています。

返済負担率は、次のような式で計算されます。

返済負担率=ローン年間返済額÷年収


この比率をオーバーすると、ほぼ確実に謝絶となりますが、基準のギリギリ目いっぱい借り入れするのも問題です。

年間返済額の計算は、お客様の借り入れ希望の金額と期間に、金融機関の指定する審査金利を用いて計算するこ…
【夫婦共有で住宅を購入する方の住宅ローン控除のメリット】

夫婦共働きの場合には、夫婦それぞれが住宅ローン控除が受けるようにすれば各々がこの控除枠を利用できる為、控除される金額が増えることになります。
(所得税が多く戻ってくることになります)

※ただし、借入金額が少ない場合で、ご主人1人の税額の範囲以内で足りる場合には控除額は増えません。

【注意点】

注意点としては、夫婦共に10年間ローン控除を受けられる状態である事です。
(夫婦ともにずっと働き続けていた場合です)


ご夫婦が共働きで住宅ローンについてお悩みの方は、ぜひ本社営業部へご相談下さい。
長期住宅ローン「フラット35」(機構買取型)について
  

  現在、長期住宅ローン固定金利の「フラット35」が低金利となっております
 (H30.5
月現在)

フラット35の最新金利はこちら
    ↓ ↓ 
http://www.flat35.com/kinri/index.php/rates/top

 
フラット35は、 お借り入れ時に決まった金利が返済期間中ずっと変わらない住宅ローンなので、

長期のライフプランが立てやすくなります。

借り入れ後は、市場の金利上昇する局面でも毎月の返済額が増えないので安心です。


「フラット35」の取り扱いの銀行は多数ありますが、


 『小山建設から住宅を購入するお客様』に、提携銀行よりお得に借りら…

  • 画像リンク

    ㈱小山建設 本社営業部『新田駅』東口 徒歩1分

  • 画像リンク

    小山建設本社(駐車場)のご案内

  • 画像リンク

    店舗前に最新情報掲載の小冊子ございます!お気軽にお持ち下さい

  • 画像リンク

    不動産売却物件を募集中!お気軽にご相談ください。

  • 画像リンク
  • 画像リンク

    住宅購入される方の火災保険相談も受け付けております!