不動産投資物件とは?の記事一覧

皆さんが購入する不動産の中には大きく分けると二つに分かれると思います。

①自分で住むために購入する物件
②投資用として購入する物件

②番の投資物件とは、居住用(自分で住むため)ではなく、第3者に賃貸し収益を得る物件です。

投資物件は、賃貸収入が全て収益となるわけではありません。
物件購入した際のローン返済や税金等の物件を取得した事でかかる費用と
メンテナンスコストなどもあります。

築年数の古い物件を購入するとメンテナンスにかかる費用もあるので、
物件を選ぶ際は、どの程度の補修がされている物件かもよく確認する事が必要です。

※購入する方は、どの程度の利回りがあるかを確認して検討しています。

◎投資物件を購入検討する投資効率を『利回り』と言います。

利回りとは、投資した資金に対して、どれくらいの利益があがってきたのかを表す数値です。
利回りをみることによって投資物件を見極めることができるようになります

その物件の利回りを計算し、どの程度の利益が毎年見込めるかを確認します。


《表面利回りの計算方法》
 
表面利回り=  年間家賃収入額÷物件価格 ×100

大都市圏の新築ほど、価格が高い為投資利回りが下がりますが、
築年数が何十年も経過した地方の投資物件は、価格が安い為利回りが高くなります。

ちなみに草加市内では、8%~10%位の利回りがある物件が人気です。

投資物件は、家賃収入を得る事が目的なので、
家賃の下落や空室のリスクが低い利便性の高い地域の物件が理想です。

例えば、自分がアパートやマンションを借りる立場だったら、この物件を借りるか?
と考えるとわかりやすいと思います。
収益物件を購入したが、借りる人が少ない物件で空室が目立つとなると収益になりません。

小山建設にご来店される方で収益物件をお探しされている方の多くは、
駅から近いか若しくは、大学などの学校から通うのに便利な地域か。
住みやすい環境か等が多く聞かれます。

投資物件の選び方!
1、利回り
2、立地、利便性がある物件か(駅から近いかor大学など近くにあるか、買物便利か等)
3、築年数(古すぎないか、修繕…

投資物件を購入する場合のお支払方法は?

1、ローンを組んで購入する方
2、現金で購入する方
二通りの方がいらっしゃいます。
 
現金で購入する方は、特に問題ないと思いますが、
融資を受ける方の場合
住宅ローンと違い投資用ローンは審査基準が厳しいとされます。

住宅ローンは、融資を受ける人の返済能力が重視されますが、
投資用ローンの場合、投資の採算性・収益見込みが重要視されます。
その物件の収益で支払いが可能かという事になります。
融資金額も100%借り入れする事が難しく、
ほとんどの方が、「頭金を多めに入れてください」と言われます。

無理のない返済で購入できる物件を選びましょう!

不動産投資には多くのメリットがある反面、デメリットもあります。
メリットとデメリットを良く理解したうえで、不動産投資を行いましょう!


投資物件のメリット》

・本業以外の収入があり、老後の生活のメリットになる
投資物件は、本業の収入以外に安定した収入が毎月、何十年にわたって得られる事が目的で購入します。

ローンの返済がある間は、毎月支出がありますが、完済後は家賃がそのまま収入になります。
定年後、年金以外に毎月家賃収入があることが老後の生活のメリットとなります。

・資産になる
投資した不動産は自分の資産になります。
賃貸するだけでなく、将来、ご家族の住居等、他の目的にも利用できます。

・相続対策
相続の際、投資用不…

小山建設の現在販売中の投資物件はこちらをご覧ください
   ↓   ↓   ↓

http://koyama-k.info/entry/233307/

  • 画像リンク

    ㈱小山建設 本社営業部『新田駅』東口 徒歩1分

  • 画像リンク

    小山建設本社(駐車場)のご案内

  • 画像リンク

    店舗前に最新情報掲載の小冊子ございます!お気軽にお持ち下さい

  • 画像リンク

    不動産売却物件を募集中!お気軽にご相談ください。

  • 画像リンク
  • 画像リンク

    住宅購入される方の火災保険相談も受け付けております!