小山建設の新築住宅は、全て省エネ等級最高の4を取得しています!

ピイアセボーレヤツカ A号棟 売り出し中!

省エネ等級とは

平成12年4月1日に『住宅品質確保の促進等に関する法律が施工されました。

10の性能表示事項の内の一つが温熱環境、省エネルギー対策等級です。

省エネルギー対策等級が高ければ、それだけ建物の断熱性が上がります。

したがって暖冷房費を節約することができます。

また、省エネルギー対策等級が高い住宅に対してはさまざまな補助・助成制度が増えています。

省エネルギー対策等級について



省エネルギー対策等級
 
★★★★4 次世代 省エネルギー基準(1999年)
 
★★★3   新省エネルギー基準(1992年)
 
★★2    旧省エネルギー基準(1980年)


※次世代省エネルギー基準とは、1999年3月に改正告示された、

『住宅に係るエネルギーの使用理化に関する建築主の判断基準』のことです。


省エネルギー等級4

エネルギーの大きな削減のための対策(エネルギーの使用の合理化に関する法律の規定による

建築主の判断の基準に相当する程度)が講じられています。

ポイント1・・・地球温暖化防止の為に

ポイント2・・・外気を遮断して熱を逃げにくくする工夫

ポイント3・・・住宅の気密化

ポイント4・・・結露の解消

省エネルギー対策等級4のメリット

【暖冷房費が削減できる】
 
住宅の断熱性能を高くすると、暖冷房費を減らすことができます。

それは開口部や外壁、屋根、床などから逃げ出す熱量を抑えることができるからです。

【家全体の温度差が小さくなり、ヒートショックの影響が減る】

断熱性の低い住宅で部分間欠暖房をするとトイレやお風呂場が寒いため、暖かい居室から移動した際に、

寒さで急激に血圧が上がったりするヒートショックという症状になることがあります。

住宅の断熱性能を高くすれば、温度差が小さくなりますのでヒートショックなどの体への負担を減らすことができます。

【窓、壁等の表面結露が改善、カビ、ダニの発生も抑制できる】

断熱性能の低い住宅で暖房した場合、冷えている壁の表面で室内の水蒸気が結露することがあります。

何度も繰り返し発生すると壁の表面にカビが生えてしまい、そのカビをエサとするダニが繁殖することがあります。

住宅の断熱性能を高くすると、壁の表面温度が上がり結露がしにくくなり、カビやダニによる健康を害する事もなくなります。

省エネルギー対策等級4適合で受けられる優遇政策

金利引き下げ・・・フラット35S 省エネルギー対策等級4に適合している住宅は、フラット35Sの金利引き下げの優遇制度がございます。

詳しい内容等のご相談はお気軽にご連絡ください!

小山建設施工の物件をぜひご覧ください。

お気軽にご連絡をいただけましたら、ご案内させて頂きます。


  • 画像リンク

    ㈱小山建設 新田駅前支店 東口 徒歩1分

  • 画像リンク

    小山建設(駐車場)のご案内

  • 画像リンク

    店舗前に最新情報掲載の小冊子ございます!お気軽にお持ち下さい

  • 画像リンク

    不動産売却物件を募集中!お気軽にご相談ください。

  • 画像リンク
  • 画像リンク

    住宅購入される方の火災保険相談も受け付けております!