長期優良住宅とはどんな住宅?

住宅を長持ちさせるためには、住宅を建てる時に、長期間の使用に耐えられる性能を持った住宅にしなければなりません。

その後、建てた住宅の維持管理もしっかりとしなければなりません。

長期間の使用に耐えられる一定の住宅性能と維持管理の計画について、国が定める基準をクリアした住宅を

『長期優良住宅』といいます。

長期優良住宅の認定基準

1.劣化対策 (長持ちさせる)

  数世代にわたって住み継げるように、構造や骨組みをしっかり作り、維持管理を行いながら

  100年を超えて使い続けられる耐久性がある住宅。


2、耐震性(地震に強い)

  大地震に備えて、地震がきても簡単に倒壊しない一定の耐震性がある住宅です。

  また、地震による損傷を最小限に抑え、地震後にも修復して住みつづける事ができる。


3、維持管理・更新の容易性(メンテナンス)

  構造部材に比べて耐用年数が短い設備配管については、維持管理(清掃・点検・補修・更新)を
  
  容易に行うために必要な措置が講じられている事。

  たとえば、排水用の配管などを構造部材と切り離すことにより、比較的簡単に交換を行う事が出来る。


4、可変性

  居住者のライフスタイルの変化に柔軟な対応が出来るような間取りの変更可能な措置が講じられている。


5、バリアフリー性

  将来のバリアフリー改修に対応できるよう共用廊下等に必要なスペースが確保されている。


6、省エネルギー性

  必要な断熱性能等の省エネルギー性能が確保されていること。

  
  
7、居住環境

  良好な景観の形成その他の地域における居住環境の維持及び向上に配慮されたものであること。


8、住戸面積

  良好な居住水準を確保するために必要な規模を有すること。


9、維持保全計画

  建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画が策定されていること。



※長期優良住宅の基準は、主に建ててからでは変更の出来ない部分つまり、住宅の骨格となる部分の

  性能を高めることに重点が置かれています。


※小山建設では、『長期優良住宅』や『低炭素住宅』についてのご相談も受け付けております。
 
お気軽にご相談ください。
 


  • 画像リンク

    ㈱小山建設 新田駅前支店 東口 徒歩1分

  • 画像リンク

    小山建設(駐車場)のご案内

  • 画像リンク

    店舗前に最新情報掲載の小冊子ございます!お気軽にお持ち下さい

  • 画像リンク

    不動産売却物件を募集中!お気軽にご相談ください。

  • 画像リンク
  • 画像リンク

    住宅購入される方の火災保険相談も受け付けております!