金融機関の住宅ローンの審査ポイント!

住宅ローンの審査上、重要度が高いポイントに、返済負担率があります。

返済負担率とは、収入に占めるローン返済額の割合の事で、この水準で金融機関が審査可否を判断する重要な指標です。

金融機関によって、返済負担率は違いますが、フラット35では返済負担率を年収400万円未満では30%まで、

年収400万円以上では35%としています。

返済負担率は、次のような式で計算されます。

返済負担率=ローン年間返済額÷年収


この比率をオーバーすると、ほぼ確実に謝絶となりますが、基準のギリギリ目いっぱい借り入れするのも問題です。

年間返済額の計算は、お客様の借り入れ希望の金額と期間に、金融機関の指定する審査金利を用いて計算することとなります。

住宅金融支援機構(フラット35)であれば、適用する商品の基準金利を採用しますが、

審査金利も銀行によって独自に定められています。

また、既存のローンは、原則加算する必要があるので、マイカーローン、教育ローン、連帯保証債務など、現在借りている(または保証している)がある場合は、

借り入れ出来る金額が変わります。

他に、住宅金融支援機構では、配偶者の給与、年金受給のみの方の年金(ただし期限のないもの)を

100%換算する点が特徴で、他の金融機関とは取り扱いが異なります。



住宅ローンについてのご相談は、小山建設 本社営業部へ

ご来店下さい。

住宅支援機構(フラット35)や民間銀行の住宅ローンについてご案内させて頂きます。


お待ちしております。


  • 画像リンク

    ㈱小山建設 新田駅前支店 東口 徒歩1分

  • 画像リンク

    小山建設(駐車場)のご案内

  • 画像リンク

    店舗前に最新情報掲載の小冊子ございます!お気軽にお持ち下さい

  • 画像リンク

    不動産売却物件を募集中!お気軽にご相談ください。

  • 画像リンク
  • 画像リンク

    住宅購入される方の火災保険相談も受け付けております!